だいくしー(@daiksy)のはてなブログ

daiksyの徒然的なもの 以前のブログはこっち -> http://daiksy.blogspot.jp/

コミュニティで存在感を高めるために -Scala関西Summit各種募集のお知らせ -

summit.scala-kansai.org

Scala関西Summitスタッフの @daiksy です。

10月8日の開催日にむけ、スタッフ一同いろいろな準備を本格化させています。

昨年に開催された前回のScala関西サミット、今年の1月に開催されたScalaMatsuriと、Scalaの大きなイベントでは非常にたくさんの人が参加してくださいます。ここ数年で大きく成長したScalaコミュニティですが、これからScalaをはじめようとされている皆さんも、遠慮無く参加してさらに盛り上げていきましょう。

Scala関西Summitでは現在、スポンサーとスピーカーを募集中です。募集締め切りも迫っているということで、イベントの宣伝を兼ねてそれぞれをご紹介しようと思います。

スポンサーはコミュニティでの存在感を劇的に高めます

Scala関西Summitでは企業スポンサーを募集しています。こちらは一度、所定の期間を経て募集を終了していたのですが、終了後も企業様からのお問い合わせが続いたため、8月5日まで延期することになりました。

スポンサーセッション枠があるゴールドスポンサーは所定枠が終了しているのですが、シルバー・ブロンズそれぞれの枠はまだ募集中です。

シルバー以上のスポンサーは特設ページにて求人やサービス紹介を行うことができます。

Scala関西 Summit 2016 - スポンサー企業 求人・製品情報

毎年「へー、あの企業さんはScalaを採用しているのか」と声が聞かれたり、実際にScalaプロダクトの求人を探しているエンジニアにピンポイントでリーチできるなど効果の高いページになっていると思います。

昨年、Scala採用企業に転職した スタッフの@hayasshi_ も、転職先企業がイベントに積極的にかかわる様子を見てこの会社で働きたいという思いを強めたとのこと。

OSSプロダクトなどを利用して開発を行うチームにとって、そのコミュニティで存在感や発言力を高めるのは非常に重要なことです。実際多くのScala採用チームが、開発に利用しているプロダクトに積極的に貢献しながら品質を高めています。

Scala関西Summitなどの大きなイベントにかかわるのは、自分たちのコミュニティにおける存在を高めるよいきっかけになるのは間違いありません。

スピーカー募集はお気軽に

スピーカー募集は7月31日までとなっています。

Scalaの大きなイベントでの登壇は、大きなプレッシャーがかかるのも理解できます。しかしScala関西Summitでは、幅広い参加者に楽しんでもらうため、いろいろなジャンルのスピーカーを求めています。

Scalaというと関数プログラミングのイメージが強く、大きなイベントではそういったジャンルの専門的な議論が多く行われているイメージがあるかと思います。

しかし、一方で一般参加者の目線で考えみると、専門的な議論をするためにイベントに来る人ももちろんおられるでしょうが、地元で開催される大きなイベントに参加するのをきっかけに、これからScalaを学び始めようかな、という思いで来場される方も多くいらっしゃいます。

そういった「これからScalaをはじめてみよう」という皆さんから、ある程度使いこなして実践的な話を聴きたいという人まで、幅広い層をカバーするために、我々は初心者から上級者まであらゆる層のスピーカーを求めています。

Scalaを少し勉強して慣れてきたので、これから学ぶ人向けに話しをしてみたいな、という気軽な気持ちで構いませんので、ぜひスピーカーに応募してください。

スピーカーとしての参加もまた、コミュニティに大きく貢献する手段のひとつです。

Scalaコミュニティをさらに拡げるために、我々はみなさんの参加を心よりお待ちしています!!

summit.scala-kansai.org